太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

太陽光発電と2013年度というタイミング-そのメリットとでメリット

特定非営利法人日本住宅性能検査協会認定太陽光発電アドバイザー秋山慎也がお伝えします。

あなたはご存知ですか?
本当に太陽光発電を導入して得した人は、一体どれだけいることでしょう?ただネットサーフィンをしているだけでは決してわからない、本当のメリットとデメリットをあなたにお伝えします。



太陽光発電は、2012年7月の全量買取制度の施行以来急速に普及して、その大きな流れは、補助金額の削減・買取単価の低下をした2013年度も、勢いを増しています。


それには、深い理由があります。


チェック助成額の削減したのと同じくらい製品の価格が安くなっている。


チェックこれからもっと助成金は下がることが想定されている。


チェックすでに現状の技術水準では最低価格付近まで値下がりしている。


チェック早期導入でメリットを最大化したいという意図。


全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。




特に太陽光発電を投資として捉える方にとって、収益の不安定化というリスク全量買取制度という国からのバックアップを活用して軽減できる、「今」はまさに投資タイミングとして絶好のチャンスであり、導入を急ぐ方が多いのが実情です。


ということは、個人の方にとっても、経済性を最も重視する方が多いということは、事業ではないまでも一種の投資ということができ、タイミングとしては、よい時だといえると思います。


しかし、一方で、太陽光発電を導入して本当に得した人っていうのは、一体どれくらいいるのでしょう?


間違いなく、ほんのひと握りに過ぎないことは、想像に難しくありません。なぜならば、何をどのような基準で判断すればよいか、多くの方が、知らないからです。そして、本当の意味での太陽光発電のメリットやでメリットを知らないからです。


太陽光発電は、導入して得する人と損する人があるのです。


それは、完全に設置場所によって決まります。また、その場所によって最適なメーカーと機種があり、それを判別するためには、判断基準と販売店選びが決定的に重要となってくるのです。その答えは、すべて太陽光発電を最安値で設置する方法に書きました。


以下で太陽光発電を2013年に導入することで得られるメリットとデメリットを完結にまとめてみましたので、じっくりとご覧いただきたいと思います。


※なお、導入時期は問わない太陽光発電そのもののメリットとデメリットについては、太陽光発電のメリット太陽光発電のデメリットをご覧くださいますようお願い致します。

発電所を所有してる方で、売却したいオーナー様、発電所売却のお手伝いをさせて頂きます。

太陽光の設備認定と電力売電権利をお売り下さい。


太陽光発電を2013年度に導入するメリット

全量買取制度と国からの補助金の助成をしっかりと受けることができる。

全量買取制度では、1kWあたり38円での売電が10年間保証され、

国からの導入時の補助金は、1kWあたり最大で35,000円助成される。

また、それに上乗せして地方自治体によっては別の補助金が受けられる。

場合によっては、都道府県と市町村からとダブルで受け取ることができる。

大幅に流通単価が下がって安価に太陽光発電システムを導入できる。

2012年に大きく市場が広がったことにより、太陽光発電メーカー間の価格競争、

販売店同士の価格競争が広がったことから、価格が低下した。

結果として、初期費用を10年以内に回収できるケースが一気に増した。

先行者利益・機会ロスを減らすことができる。

常に今が、将来に向かって考えた時の最も早いのタイミングであり、

まだ導入してない方は、2013年=今、導入することが最も長く太陽光発電を

運用することができるようになる時だということができる。

つまり、太陽光発電は初期費用をかけて設備を導入し、時間という軸の中で、

長期にわたって収益を作っていくシステムなのだが、時間は誰しも平等に与えられ、

増やしたり減らしたりすることができない性質から、できるだけ長く運用するには、

今始めることが、最も有効であって機会損失を低減することができる。


太陽光発電を2013年度に導入するデメリット


2012年に比べて買取単価が下がり、補助金額が下がっているため、旨みが減っているように感じる方がある。

これは、もう制度が新年度に移行してしまったため、どうすることもできないデメリットと言える。

が、一方で2014年度は更に助成額が下がることが考えられるので、過ぎ去った過去より、

未来に向けて考えて、年度内に導入することがこのデメリットの拡大を防ぐために、

最もよい選択肢だということが言えるだろう。

2014年度以降製品の価格がさらに下落していくことが想定される。

当然、太陽光発電システムの流通単価は、これからもどんどん安くなるだろう。

2013年よりは2014年、2014年よりは2015年とどんどん安くなる。

製品も開発がどんどん進んで性能が上がっていることから、後に行けばいくほど、

安価なよい製品を手に入れることができるのは間違いない。

一方でじゃあいつ導入するのか、ということを考えたときには、

各助成金が年々削減されていっていることを考えると、実質導入単価は、

しばらくはほとんど変わらないと言って良いだろう。

そう考えると、もし太陽光発電を導入していれば電力という価値を生み出したはずの

設置予定場所が、何年も放置されることによる機会損失を考えて、

できるだけ早急に導入することが、懸命で最も有効なこととなると言ってよいだろう。


以上は飽くまでも、あなたが太陽光発電を導入してメリットがあると判断されること、

メーカーが基準を定める適した設置場所であることの2点をクリアした場合の話です。

もし、設置場所の加減で設置不可というジャッジをもらったり、そもそも導入したとしても、

メリットを得られる見込みが少ないのであれば、それは意味がないことになってしまう。


そういう観点から、まず当サイトのメインコンテンツである、

やりがちな最も大きな間違いを避ける方法

必ず確認すべき3つの事項

をご確認いただき、あなたが太陽光発電を導入することは、

果たしてメリットになるのか、デメリットになるのかを見極めて頂くことをおすすめします。

とにかく最も費用対効果を高く導入するために

太陽光発電のメリット・デメリットが設置場所によって決まるということを

なんとなくでも掴まれた方は、これから紹介する方法を活用することで、

最も費用対効果が高い方法で太陽光発電を導入することができます。

もちろん、検討過程であなたにとって太陽光発電がよいものではないとわかったら、

すっぱりと諦めることも可能になる方法です。

ただし、誰でも利用すればよいというわけではありません。

信頼できる安心の業者複数とやり取りする必要があるため、

最安値で導入することよりも、手間を省くことを優先する方は、

簡易版・必ず確認すべき3ステップをご覧頂きたいですし、

多少手間がかかっても良いから、最も安く、最も費用対効果が高い導入をしたいなら、

太陽光発電を最安値で設置する方法をご覧頂くことをおすすめします。

太陽光のお見積り
太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル