太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

太陽光特別支援ってどんなものなのでしょうか?

太陽光特別支援ってどんなものなの?

テレビで見た、Webを見たといった問い合わせがあったので、

調査結果を掲載したいと思います。


協同組合太陽光発電保証協会という団体があるようです。
http://www.j-swa.com/

一見一般社団法人太陽光発電協会(補助金関連の事業をしている団体)と、

似たように見えますが、全く異なる団体のようです。

中小企業協同組合の認可を受けているので、いくつかの事業者が協同して事業を行うために、

設置された団体のようです。

運営団体、加盟団体はどこの業者かは不明ですが、太陽光発電を販売する中小業者が、

協同して作った団体なのでしょう。

太陽光発電のさらなる普及拡大を目指しているというところから、

太陽光発電保証協会という組合を活用して、

太陽光発電を販売することが目的のようです。


太陽光特別支援(特別導入支援制度)とは何か?

特別導入支援制度というのは、国や地方自治体などの公的な機関が実施するものではなく、

この組合が独自に提供するサービスの名称のようです。

全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。




内容を分析したところ、

イニシャルコストとして少しでも安く購入して、

ランニングコストとして、点検や保証を無料にして運営費用を安くする、

ようするに通常に販売会社が提供しているサービスを

少し公的機関が実施しているように、表現を変えたサービスのようです。

※正確なサービス内容はわかりませんので、悪しからず。

実質負担金が0円になるというのは、太陽光発電を15年のソーラーローンで購入して、

売電収入と節電金額をローンに当てることで、自己資金を負担することなく、

太陽光発電を導入できるというもので、どの販売会社も提案していることと同様のようです。

これは、月々プラスの収益は、売電収入と節電金額の和がローンを上回るということみたいです。

削減コストというのは、何と比べているかがわからないのですが、

何かの計算式から算出したトータルコストから40%削減できるってことなのでしょう。

最後に特別導入支援制度の内容をまとめをみてみると、

1kWあたり10万円の減額と書いてありますが、

1kWあたりの平均販売価格の43万円から10万円安い価格で、

1kWあたりの導入価格を33万円にまで圧縮することができるという意味のようです。

ようするに1kWあたり33万円程度で導入できますよ、ということのようです。

確かにこの金額で導入できる販売業者はたくさんあるので、間違いではないと思います。

ホームページだけでは詳しくわかりませんが、

上記内容にそんなに大きなズレはないと思いますので、参考にしていただけたら幸いです。

もし、不安があるようでしたら、一部上場企業の価格コ厶が運営する、
太陽光発電 最安値は価格.com

太陽光発電一括見積もり。保険加入の施工販売店を厳選紹介!
と相見積もりを取ってみるとよいと思います。

どちらが得か比較することで明確になることでしょう。








発電所を所有してる方で、売却したいオーナー様、発電所売却のお手伝いをさせて頂きます。

太陽光の設備認定と電力売電権利をお売り下さい。


太陽光のお見積り
太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル