太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

太陽光発電の導入を2014年度まで待つべきでしょうか?

2013年度も折り返し地点が近づいて、太陽光発電に関心を寄せる方の中には、

2013年度中に導入するのと、2014年度に入ってから導入するのと、

実際にはどちらがお得なのだろうか?
と導入時期について迷われる方も多くあります。

あるいは、2014年度と言わず、もっと長期的に考えたほうがよいかもしれないと

頭を悩ます方もあることでしょう。

逆にもし導入するなら、どうしても2013年度中に設置したいという方もあるでしょう。


これらは、真剣に太陽光発電を導入しようかどうか迷っているからこそ、

誰しもが抱く疑問であったり、少しでもお得に導入したいと思う人の心として、

至極当然のことと言って良いでしょう。


では、実際のところ、2013年度に導入したほうがメリットなのか、

それとも2014年度に導入したほうがメリットが大きいのか、

逆に直近で導入するのはデメリットが大きくて、もっと長期で考えるほうがよいのか、

ここでは、太陽光発電アドバイザーとしての結論をお伝えしたいと思います。

全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。



発電所を所有してる方で、売却したいオーナー様、発電所売却のお手伝いをさせて頂きます。

太陽光の設備認定と電力売電権利をお売り下さい。


時期を問わず導入することがメリットなのか、デメリットなのか?

ここでキーとなるポイントは以下の点です。



チェックその設置場所に、今太陽光発電を導入することがメリットになるか?



チェックこれからの太陽光発電の導入価格の推移



チェックこれからの太陽光発電の発電効率の推移


この3点から考えていただくことが大切です。


太陽光発電の導入価格の今後


現状のシリコン系の半導体で作られた半導体でパネルが製造される間は、

幾ばくかは価格は下がっていくと思いますが、大幅な下落は見込めないでしょう。

というのも2012年度、2013年度の太陽光発電ブームで、

太陽光発電販売業者は大幅に増えて、価格競争が起こりましたが、

メーカーからの供給価格は下がらないまま、販売価格が下落している現状の中、

それぞれの販売会社が、利益を削って相場が下がっている現状があるからです。

これ以上の大きな販売価格の下落が起こるとするならば、

半導体の素材が安価なものに変わるか、あるいは大幅な製造工程の技術革新を

望む以外には考えにくい現状があるからです。


太陽発電の発電効率の今後


同様に現状の単結晶シリコンを頂点とした発電効率の劇的な進化も、

現状のシリコンを活用している限りにおいては、これ以上期待することは難しいでしょう。

そういう背景からすれば、価格にしても、発電効率にしても、つまり費用対効果をあげるための、

両要素ともに現状普及している技術水準では大きく躍進するのは難しいのが現状です。

もちろん、研究段階にある素材では、より安価により高性能なパネルの開発は進んでいますが、

市場に浸透するまでには、相応に時間を要することは間違いないと思います。

最も大切なことは、今、導入することが得なのかということ。

さらに、太陽光発電は、現状導入時の補助金(国からのものと、地方自治体からのもの)が、

手厚く助成されていて、さらに全量買取制度という恩恵まで得られていることを考えると、

当然、補助金も全量買取制度の買取単価も年々下がっていくことは間違いないので、

早く導入すれば早く導入するほど、メリットは大きくなると言えると思います。



機会ロスという観点も考えられる。


また、早期導入のメリットを考えるならば、当然のこととして、

機会ロスのデメリットを考えないわけにはいかないと言えるでしょう。

太陽光発電を導入すれば、一定以上の発電を期待出来る場合、

導入すれば発電した電力の自家使用か、売電収益によって、

多かれ少なかれメリットを得ることはできますが、

導入しなければ、そのような利益を一切得ることができないわけです。


仮に劇的な技術革新が4年後に起こって、5年後に太陽光発電をより費用対効果を高く

導入したとしても、それまでロスした時間に想定される発電量を補うまでには、

相当莫大な時間を要するはずです。

そして、さらに数年後には、さらなる技術革新によりもっと費用対効果が高い製品が発売され、

減価償却を終えたパネルを入れ替えするとすれば、やはり早くから導入していたほうが、

間違いなく得になると言わざるをえません。

以上のことから、もし、設置して得になることがわかれば、

太陽光発電は、早く導入すればするほど、お得ということができると思います。


結論

太陽光発電を2014年度に導入するか、2013年度に導入するかあるいはさらに先か考える前に、

まず今導入することが得かどうか調べること。

もし、得だとわかったら、今、導入すること。

もし、得ではないとわかったら、今は、導入しないこと。

まずは、結局太陽光発電って本当に得なの?をご覧下さい。


以上が、太陽光発電アドバイザーとして、あなたにお伝えできる最も有益な答えと言えるでしょう。
太陽光のお見積り
太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル