太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

太陽光発電は回収期間で選べと言っています。

AllAbout太陽光発電の選び方記事イメージ
http://allabout.co.jp/gm/gc/398369/

長く暮らせる家づくりガイドとして、AllAboutの記事等を提供している、

有名なベテラン編集者大塚有美さんが、

AllAboutサイトの中で「これからの太陽光発電選びは回収年数がキーワード」

という記事を書かれていたので紹介します。

基本的な内容として、当サイトで掲載しているように、

太陽光発電は、採算性が最も大切であり、初期費用を発電による利益でどれだけ早く、

回収するかということが大切ですという内容です。

その中で最も私が関心を引いたことをいくつか取り上げたいと思います。

ある太陽光発電メーカーの調査でわかった、太陽光発電導入検討者が重視するポイント

導入費用の安さを重視する人が最も多くて、75%。

ついで、諸費費用に対して発電量が多く、早く回収できる=費用対効果 73%

そして太陽光パネルの変換効率が高い 70%

となっています。

全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。




以上のすべてが太陽光発電の経済性に関することで、結局のところ、

経済的なメリットを求めて導入を検討している人がほとんどだということがわかると思います。

そして、価格の安さや変換効率などを気にしているところから考えても、

もしそのような方が当サイトをご覧になられて、費用対効果である、つまり採算性だという、

明確な基準を知っていただけたら、間違いなくよい導入ができると思いました。

そして、これまた大塚さんが書いていたことなのですが、

最も早く初期費用を回収できる太陽光発電システムとはなんなのか?

その基準にあげたことで、実発電量というものがあります。

これは、「SBエナジー」が独自で検査した発電データを元に、

太陽光発電を導入して初期費用を回収するのに適しているのは、

どのメーカーのものかというものです。

下にその図を転載しました。

AllAbout掲載のメーカー別発電量データ

以上のことからSBエナジーのデータを元にすると最も回収が早いのは、

ソーラーフロンティア製品だということがわかります。

しかし、ここには、一つ問題があります。

設置費用がどのメーカーも一律に設定されている点です。

当然、初期費用が変われば回収年数も随分と変わってきます。

初期費用を算出するのは、販売業者であり、設置業者です。

そう考えるとやはり、当サイトで掲載している通り、販売業者をどう選ぶか、

しっかりとした見積比較で、メーカーというよりはプラン重視で、

導入する機器を選定するのがベストだと思います。

しかし、この記事は、第三者的な立場から、しっかりとした内容が書かれていましたので、

さいすがベテラン編集者さん、鋭い考察をするなぁとためになったことから、

掲載させていただきました。

よって、当サイトの進めるコンテンツ、

必ず確認すべき3ステップ

をしっかりと確認くださることをオススメいたします。
発電所を所有してる方で、売却したいオーナー様、発電所売却のお手伝いをさせて頂きます。

太陽光の設備認定と電力売電権利をお売り下さい。


太陽光のお見積り
太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル